葬儀の計画中に避けるべき5つの間違い

葬儀の計画中に避けるべき5つの間違い

私たちは結婚式、家の購入、家族の成長、退職を計画していますが、あなたはいつかあなたの葬儀のオプションを検討する時間を取っていますか?それは病的な思考のように思えるかもしれませんが、多くの人は長年自分の葬儀を予期していませんが、それはあなたの終わりの取り決めを考えるのが早すぎるということを意味するわけではありません。

死亡した場合、家族は非常に困難で感情的な時間の中で、数時間以内に行わなければならない88以上の決定に直面しています。あなたの葬儀を事前計画することで、あなたとあなたの家族のために心の安らぎを提供し、あなたの家族にストレスを与えないようにします。しかし、計画プロセスを開始するときに避けたいと思う間違いがあります。プロセスをできるだけ簡単にするために、それらをまとめました。

1.事前計画の前に病気を待っている:
多くの人が葬儀プランを病気に関連付けていますが、そうではありません。診断前に葬儀を事前に計画することは賢明なことであり、心配する必要があるときに家族の圧力を緩和します。

2.あなたの葬儀の希望について明確ではない:

埋葬、埋葬、訪問の選択など、葬儀の専門家と会い、葬儀の予定を立てるときに考慮すべき多くのオプションがあります。これにより、時間が来たら、あなたの家族はあなたの葬儀に関するすべての詳細を受け取り、最後の決定を下す必要はありません。

3.質問に失敗した場合:
これは重要な決定であり、すべてのことが伝えられていることを確認する必要があります。つまり、あなたの希望が満たされ、すべてが適切に処理されることを保証するために必要な数の質問を自由にする必要があります。

4.あなたの家族とコミュニケーションしていない:

葬儀の専門家と一緒に葬儀を計画することは重要ですが、あなたが作っている計画を知っていることを確認するために家族と連絡を取ることも重要です。来る。

5.価格引き継ぎ:
合理的な値段の葬儀を探すことは賢明です。事前相談は、葬儀の各細部をお手頃な価格で計画する時間があるので、感情的な過度の支出が起こらないようにする方法です。品質を犠牲にすることなく、家族に最高の価格を提供するよう努めています。

家族葬と直葬はこちら