大規模葬儀の作り方

大規模葬式の作り方に関する10のヒント

1月30日は、あなたの愛する人のために美しい、感傷的な葬儀を計画することに専念した日、国民の “偉大な葬儀の日を創る”です。愛する人の最終的な別れを計画するために家族が必要とする多くの決定があります。私たちは、それぞれの葬儀はユニークで、葬儀は同じでなければならないと信じています。私たちはあなたの愛する人の葬儀を特別なものにすることに専念しています。ここには、大きな葬式を作成するのに役立つ10のヒントがあります。

家族の伝統を取り入れましょう – おそらく、あなたの家族は毎年の休暇の好きな思い出を持っていたかもしれません。これらの思い出はあなたとあなたの家族にとって特別なものであり、恋人に近づくように友人や家族のための葬儀で分かち合う価値があります。
記念品でゲストに家を送ってください – お気に入りの焼いたレシピで家に帰るか、ゲストが選ぶことができる本や宝石のコレクションを持ってきて、いつもあなたの愛する人と一緒に持ちます。
適切なときユーモアを使用してください – あなたの愛する人が思い出に残るユーモアのセンスを持っていて、大きな冗談を感じるかもしれません。葬儀の特定の時点でユーモアを使用することで、気分を軽くし、奉仕の気分を高揚させることができます。
あなたの家族が才能のあるミュージシャンであっても、良い音楽を賞賛しても、彼らの好きな曲を演奏することは、この時間に彼らとつながっていると感じる感情的な方法です。
記憶テーブルを持っています – あなたの愛する人が長年にわたって使ってきた、愛しているアイテムを収集し、友人や家族に表示します。ショーケースゴルフの彼らの愛、または参加者が感謝するために彼らのギアを表示することによって実行しています。
自分の好きなスナック/飲み物を提供する – あなたの家族がシャンパンを愛していたか、または夢中になっていたかもしれませんが、これを取り入れることはあなたの愛する人を尊敬し、みんなの顔に笑顔をもたらすノスタルジックな方法です。
ショーケースの写真 – 人生の重要な時にあなたの愛する人の写真を表示することは、愛する人とつながりを感じ、思い出の思い出を思い出す感傷的な方法です。
特別なセンドオフを含める – 平和と未来の希望を象徴する鳩や蝶のリリースで葬儀を終わらせる。
ゲストが思い出を共有できるようにする – ゲストが来て、特別な思い出を共有するオプションを作ってください。これは人々が平和的に悲しんで、貴重な瞬間を覚えさせるのに役立ちます。
友人や家族の写真や図を含むことで、あなたの愛する人のための棺桶をオーダーメイドするか、お気に入りの色や模様の壷を選択してさらに尊敬することができます。