groundworkwp

camera

故人の家族
損失の時に何を言い、何をすべきかを知ることは必ずしも容易ではありません。友人や家族のためにそこにいるだけで、安心することができます。しかし、誰かが亡くなったときに従うべき葬儀のエチケットがあります。同情を表現するための習慣は、宗教的および民族的背景によって異なります。次の情報は、一般的に葬儀で受け入れられるものの推奨ガイドラインです。不適切な方法で行動することを避けるための期待を認識することが最善です。

いつ通知するのですか?

直属の家族は、最初に、好ましくは個人または電話で通知を受け、続いて最も近い親戚や友人が通知を受けるべきである。葬儀花の配達のための葬儀場の名前と住所を必ず記入してください。サービスの詳細は、利用可能なときに後で中継することができます

ドレスコード?
黒で服を着る必要はもうありませんが、あなたの葬儀を選ぶ際には敬意を表してください。控えめな色合いの保守的なスーツやドレス服が最も適切です。花や忙しいパターンを避けることをお勧めします。

典型的な訪問権とは何ですか?
死を知ると、家族の親しい友人が住居や葬儀場で家族を訪問するのが通例です。 訪問者のために完全に準備されているので、関係者全員が葬儀のサービスについて知り合うことがより快適になるでしょう 。各家族は、通話時間に必要な家族の数を決定する必要があります。

家族が長い会話をする必要もない。シンプルな ” ありがとう、それはこの時点であなたのような友人を持つことを意味する”、適切です。通話時間中に棺が開いている場合、訪問者の中には故人に別れを告げることがあります。訪問者が身体を見るために家族に同行することを要求することもありますが、それは必須条件ではありません。

葬儀期間
近代的な葬儀や記念礼拝は、通常は短く、最後の約30分です。

墓地サービス期間
墓地のサービスは簡単になる傾向があります。習慣的に、コミットメント儀式が完了し、棺が地面に降ろされると、家族は一般に出発する。棺を金庫に入れ、葬儀の花を墓に置く。

記念礼拝直後に何が一般的に起こるか?
葬儀の直後に、家族は時には出席者に彼らの家や指定された場所で食べ物やレセプションに参加するように招待します。誰もが話す機会を与え、リラックスしてリフレッシュする時間を提供します。時には友人や教会のメンバーが食べ物を前もって準備し、家族の仕事を和らげるためにそれを取ることもあります。

あなたは葬儀の後どのように対応すべきですか?
奉仕後数日は、家族は休息することが許され、そのような機会に伴う無数の細部を処理する時間があります。家族の中には、友人や家族からの通話や通話を利用する家族もいますが、完全なプライバシーが好まれる家族もいます。現時点では、短い通話を切ることは重要ではありません。

ほとんどの葬儀監督は一般化された感謝状をあなたに供給することができます。家族はもっと個人的な感謝を送ることを選ぶかもしれません。ザ・はノートはあなたに感謝し、簡潔な個人、および特異的であるべきです。また、現代的な伝統に屈することなく、個人的な注意の有無にかかわらず、署名付きの簡単なカードが受け入れられます

1.家族に贈り物やカードを送った人。これには、葬儀の花を送ったり、食糧を持ってきたり、記念品を送ったり、死者を認めた何らかの実質的な方法が含まれます。ノートは死から2週間以内に送付する

2.お坊さんに感謝するために、個人的な注意が示唆されています。献金や寄付が送られた場合は、それを別の封筒に入れて送ってください。

3. また、感謝の個人的なメッセージを送信する必要があります

4.葬儀の花を送った人には、個人的なメモや同情カードを送ることができます。あなたの感情を表現する同情詩や同情の言葉を含めて、常に思慮深いです。

5.花を送った団体や枚方市の団体には、グループ長にメモを送って、そのグループのすべてのメンバーをあなたのメモに含めることを忘れないでください。フラワーカードに個々のメンバー名が表示されている場合は、個別のメモを各自に送信する必要がありますが、個人的なメッセージは必要ありません。

6.あなたの時間と努力を何らかの方法で助けてくれたボランティアは、別途書いていただきありがとうございました。ボランティアが家族の近くにいる場合は、その人に直接感謝することを好むかもしれません。

枚方市で葬儀・お葬式の事前相談ならお任せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です